栗の里について

since 1969おかげさまで50周年

1969年レストラン栗の里創業時

200年以上前から、この厚木の地で米農家を営んで来た笹生家。1969年(昭和43年)、美味しいお米を食べてもらいたいという思いから、栗林を開拓したバーベキューハウスが生まれました。国道すら舗装されていなかったのどかな時代に、この農家直営レストランの歴史は始まりました。

農家直営レストラン特別な時間を提供

栗の里内観|ホール席

1975年(昭和50年)、ドイツ山小屋風の外観と、ハンバーグとステーキをメインとしたレストラン形態へ進化した、栗の里。ナイフとフォークを使って楽しむ料理は、まだレストランが珍しかった時代に、地域の皆様に非日常を楽しんでいただく特別な空間として、愛されて参りました。農家の美味しいとれたてのお米と、厳選されたお肉や野菜で作り上げるメニューは、いつの時代も変えることなく、受け継がれていきます。

ローズガーデン花を愛でる空間

栗の里外観|5月頃

3代目の現オーナーへ引き継がれた栗の里は、「ローズガーデン」としての歴史も紡ぎ始めます。
一輪一輪を、お客様の笑顔に変える為に。私たちが少しずつ増やしてきた薔薇は、今や100種700株、年間6万5000人の来場をいただく、神奈川県でも有数のバラ園へと成長しました。全国花のまちづくりコンクールでの受賞を皮切りに、様々な賞を毎年いただくようになったのも、皆様と一緒に、少しずつ増えて行く薔薇を慈しんで育ててきた積み重ねです。

オルゴール演奏会

米沢牛をはじめとしたステーキやハンバーグ、冬先まで咲き誇るたくさんの薔薇、アンティークオルゴールのコレクションと演奏会、レトロなオート三輪*、ドッグカフェ、夏季のビアガーデン、お子様へのバルーンアートのプレゼント。

様々な取り組みをしてきましたが、どれもこれも、スタッフひとりひとりが、お客様を喜ばす為に一生懸命考えたびっくり箱です。
どれか気になるものはありましたか?

四季折々、いつ行っても楽しみがある、「夢のレストラン」へ、どうぞお越し下さいませ。

代表

笹生 新(オーナー)

オーナー/つるバラガーデナー笹生新

夢があふれるレストランでありたい

私が小さい頃、レストランは特別な場所でした。いつも決まって父親に連れていってもらったのは街の定食屋だったからです。私がレストラン栗の里のオーナーに就任したのは、10年前。200年近く続く米農家の長男。「おいしいお米を食べてもらいたい」という祖父と祖母の想いからスタートした「栗の里」は、ハンバーグ、そしてステーキ、米沢牛と、お米をより美味しく食べてもらうために、時代の流れを取り入れて常に進化してきました。 どうしたらお客様にもっと喜んでいただけるか、もっと驚きと感動を届けられるか。

美味しい料理、美しいバラ、レトロな音楽。子どもが喜ぶバルーンアート。 レストラン栗の里は、夢を叶えるレストラン。 レンガ造りのドイツ山小屋風の外観をはじめ、ローズガーデンや夢のオルゴール夢のオルガンなどのやすらぎを与えられればと思っています。心地よい空間で、ご家族やご友人、親しいお仲間と、美味しい食事をしながら、かけがえのない時間をゆっくりと過ごしていただきたいと思っています。

店名 レストラン栗の里 厚木店
営業時間 11:00〜22:00 (LO. 21:30)
5月は10:00開店となります
定休日 12月31日、1月1日
所在地 神奈川県厚木市山際554-1
ナビでお越しのお客様へ栗の里へのアクセスGooglemap等一部の地図アプリのナビゲーションにて、店舗裏側の住宅地から来るルートを案内されてしまい、迷ってしまうとのお声をいただいております。国道129号からお越しの方は、山際の交差点を曲がり、案内看板を目印にお越しください。アクセス方法
電話/FAX 046-245-1341

採用情報はこちら

※オート三輪は修理のため展示していない場合もございます。