文字サイズ:||

ローズガーデンのなりたち

バラは我が子の分身

レストラン栗の里に併設される”お庭”をオープンガーデン化し、全国花のまちづくりコンクール2期連続入賞・かながわ産業Navi大賞2013地域振興賞・第5回ビジネス・イノベーション・アワード2014優秀賞・第6回かながわ観光大賞優秀賞・27年度かながわ地球環境賞・日本一長いつるバラのカーテン認定と、数々の評価を頂くようになり、年間で、約7万人のお客様に、私がバラ主体で、デザインした小規模なお庭を鑑賞して頂けるようになりました。

オープンガーデンの様子

多くのお客様が訪れるオープンガーデンの様子

しかしながら、多くの方々にバラを鑑賞して頂くのは嬉しいことですが、「大切に育てた“我が子”が巣立っていくってこんな気持ちなのかな」と、今では思います。

お客様から、「どうしてバラを始められたのですか」と質問も多くなり、「常連のお客様や妻に言われて始めてみました」と言っていましたが、実は、私の人生の分岐点にもなる出来事があったのです。

次なる一手

マダムアルファレッドキャリエールとピンクアイスバーグ

マダムアルファレッドキャリエール&ピンクアイスバーグ

現在は、2人の息子に恵まれ、幸せの一時を過ごしていますが、私には、もう一人、大事な、大事な、“我が子”がいました。

息子達をお庭に連れていきますが、まだ幼い2人には、この事実を話してはいません。

私が、父親からレストランを引き継ぎ、運営を開始して間もなく、妻との間に、新しい命を授かりました。待望の吉報でしたので、大喜びで、お客様からも「何か良いことがあったのですか?」と聞かれるくらい、毎日、にやけ顔でした。また、父親として、オーナーとして、責任の重さを日に日に実感し、より一層、仕事に励みました。

その頃は、当時では珍しかった“米沢牛”の提供開始、お米のネット販売等、2代目でもある“笹生一”と初代でもある“笹生利光・トシ子”が築き上げてきた歴史を崩さずに、自分の色を出していた最中で、更にお客様に喜んでもらえるようなサービスを追及し、“次なる一手”を模索していました。

そんな時、妻の両親のある一言に、自分の潜在的な、スイッチが入りましたね。

「バラでも植えてみたら・・・」

枝垂れバラ:ドロシーパーキンス

枝垂れバラ:ドロシーパーキンス

1969年、「バーベキュー栗の里」としてオープンし、周辺が栗林だったことが店の由来にもなっている。その後、レストランへの業態変更に伴い、店もドイツ山小屋風に改装し、レンガづくりに内外装したのに合わせ、庭もレンガ敷きにし、飲食スペースとして開放していた。

「これだ!!」と確信しました。

一般的に育てるのが難しいとされる“バラ”で、お庭をいっぱいにして、“愛する妻と我が子”を出迎えようと必死になりましたね(笑)

絶望からの奮起

ピエールドロンサールのように咲く、スパニッシュビューティー

ピエールドゥロンサールのように下向き咲きのスパニッシュビューティー

植物や花に興味があったわけでもないのに、バラの知識もさることながら、そもそものガーデニングという言葉すら、後覚えだったので、上手く育てられるはずもなく、最初に購入した10鉢のバラを枯らしてしまったのです。

納得いきませんでしたね・・・

本に書いてあるとおりに、育てたはずなのに、愛情を注ぎ込んだはずなのに、バラは、応えてくれませんでした。

また、お客様もバラが香るお庭で、お出迎えしたいと考えていましたが、栽培が難しいという概念があるバラを活用したお店作りには、「レストランの庭をバラ園にするのは非常識だ」等、厳しい声が圧倒的だったことは鮮明に覚えています。

でも、あきらめませんでした。

グルスアンテプリッツ

貴婦人:グルスアンテプリッツ

妻と我が子が喜べば、きっと、お客様の中にも共感して下さる方がいらっしゃる・・・そう思っていました・・・順調と思われていた我が子が、原因不明の病で、突然、この世を去るまでは・・・8ヶ月目でした・・・

「何故だ!!」と、何度も、何度も、何度も考え、悲しみました。おそらく、この時期は、お客様からも「何かあったのかしら?」と思われる暗い顔をしていたと思います。

何をやっても身が入らない毎日が続き、もはや、生きていく希望を失いかけていました。

そんなある日、その出来事と同時に時間が止まってしまい、中途半端になっていたバラを眺めながら、「我が子と妻を“バラいっぱい”のお庭で出迎えるために始めたことだから、《レストランの庭をバラ園にするのは非常識だ》という声もあるので、綺麗さっぱりに元通りのお庭に戻してしまおう」と。

お庭に出て、いざ“バラ”を整理しようと・・・心に決めたのに・・・

“できませんでした”

愛する“我が子”を想い、愛する“我が子”のために育ててきたバラを整理するなんて・・できませんでした・・・

今思えば、きっと、我が子が「パパしっかりして、自分はここにいるよ」と心に囁いてくれていたのだろうと思っています。

「やるしかない」

アウェイクニングのガゼボ

アウェイクニングのガゼボ

“我が子”の存在意義を見出すのだと。

そう決断し、自分自身を奮い立たせ、失敗の連続が続くも、あきらめませんでした。

バラに触れることで、我が子に触れているような気がしたから。

気持ち新たにした時、“今は亡き2人の恩師”と出会うのでした。

村田ばら園との出会い

村田が愛した「アルベリック・バルビエ」

日本一長いつるバラのカーテンに認定された「アルベリック・バルビエ」

プロに教わろうと思ったのもこの頃で、自分で、バラの生産者の情報を収集し、たどり着いたのが、今は亡き恩師「村田 美行(兄)晴夫(弟)」その人達でした。

村田兄弟は、「つるバラの第一人者」として、長く、バラ業界に君臨した伝説の人達です。

「このようなトップクラスの方が相手にしてくれるのだろうか」と不安もありましたが、悩んでいても仕方がなかったので、毎週「村田ばら園」に通うことにしました。当初は、一言、二言の会話でしたが、通い続けて3年。顔を覚えてくれるようになり、次第に、バラの会話が弾んでいったのを昨日のことのように覚えています。

つるブルームーン

香り高きつるブルームーン

「継続は力なり」という言葉がありますが、バラ園構想から約10年。いつか非常識が常識になると信じ、レストラン経営の傍ら、村田兄弟の教えと独学で学んだ知識を融合しながら、地道なバラ作業を続けました。

 

開花した成果

アイスバーグとアリウムギガンチュームの群生

アイスバーグ&アリウムギガンチュームの群生

周囲の非常識という声がくつがえる時がきたのが、2012年「第22回全国花のまちづくりコンクール」で奨励賞(2012年)受賞でした。各メディアに取り上げられ、バラ園の知名度が一気に上がり、企業全体のイメージアップにも繋がりました。その後は、バラを付加価値として、数々の賞を頂けるまでに成長し、現在では、100種600株のバラ園になり、バラの最盛期には、約3万人の来場者のある「神奈川のバラの名所」としての役割を担えるレストランになりました。

そして、この度、私が8年間かけて育て上げた「1株で30mのアルベリック・バルビエ」が「日本一長いつるバラのカーテン」として認定を受け、私のことを「つるバラの貴公子だ」と呼ぶ方が増えているんですよ。

魅惑のロサキネンシスアルバ

魅惑のロサキネンシスアルバ

実は、この「アルベリック・バルビエ」は、あまり知られていませんが、恩師「村田 兄弟」が愛したつるバラだったので、私は、村田の《形見》としても大切に育ててきました。つるバラ日本一の認定を受け、新たな称号とシンボルバラの確立、つるバラの新たな可能性の創出(緑のカーテンとしての役割)に成功し、やっと、師匠達に「新参者が一人前になりましたよ」と、ご報告ができることを嬉しく思います。まだまだ、村田の足元にも及びませんけどね(笑)

我が子と2人の師匠の存在継承~次なるステージへ

バラに囲まれながらの”食事空間”の創出

バラに囲まれながらの”食事空間”の創出

私にとって、「バラを育てる」ことは、つまり、「“我が子”を育てる」ことと同じ感覚で、「自由に伸び伸び、時には厳しく、適度に管理し、綺麗な花を咲かせる道しるべ」になろうと、そんな風に思っています。

そんな“我が子”が神奈川のバラの名所の仲間入りを果たし、第6回かながわ観光大賞優秀賞という栄えある賞を獲得し、大勢の方々に鑑賞して頂けるようになり、上述したように、「大切に育てた“我が子”が巣立っていくってこんな気持ちなのかな」と、妻とよく話をしています。

“我が子”の存在意義を確立し、“村田兄弟”の「つるバラで風景を描く」意志を継ぎ、「バラで厚木を、神奈川を活性化し、新たな特色を創る」それが、つるバラの貴公子「笹生 新」に与えられた使命なのかもしれない。

私の自慢の”我が子”達を、今年もよろしくお願いします

私の自慢の”我が子”達を、今年もよろしくお願いします

レストラン栗の里は、各店舗で提供するサービスが全て異なります。
サイト内の価格は全て税抜表記になっております。

当サイトは機械による自動翻訳サービスを利用しております。一部翻訳に不手際がございますが、ご了承ください。

Copyright(c) 2012 レストラン栗の里 厚木店 All Rights Reserved.