文字サイズ:||

スタッフ紹介

夢を叶えるレストランを

オーナー就任時の笹生

私が小さい頃、レストランは特別な場所でした。いつも決まって父親に連れていってもらったのは街の定食屋だったからです。レストランにはなかなか連れて行ってもらえませんでした。

特に覚えているのは、中学生のとき。素敵な思い出として記憶しています。私がレストランを経営しているのも、この記憶があるからです。私がレストラン栗の里のオーナーに就任したのは、10年前。200年近く続く米農家の長男。「おいしいお米を食べてもらいたい」という祖父と祖母の想いからスタートした「栗の里」は、ハンバーグ、そしてステーキ、米沢牛と、お米をより美味しく食べてもらうために、時代の流れを取り入れて常に進化してきました。

どうしたらお客様にもっと喜んでいただけるか、もっと驚きと感動を届けられるか。美しいバラ園で愛する人たちを笑顔にしたい、そんな思いで購入した最初の10株のバラ。バラはおろかガーデニングの知識もなかった当時の私は、見事に全て枯らしてしまいました。

バラは子育てと一緒です。無理に誘引し、選定し、筋道を曲げるようなことでは、美しい花を咲かせてくれませんでした。我が子のように、のびのびと、個性に合わせて一株一株向き合って。そうして失敗を繰り返しながら、今の栗の里ローズガーデンが出来上がったのです。

美味しい料理、美しいバラ、レトロな音楽。子どもが喜ぶバルーンアート。こうしてひとつひとつ、夢を叶えるレストランの棚には、素敵なものが並んでいくのです。

モットーは「常に感動、日々前進」

レストラン栗の里は、夢を叶えるレストラン。

レンガ造りのドイツ山小屋風の外観をはじめ、ローズガーデンや夢のオルゴール夢のオルガンなどのやすらぎを与えられればと思っています。笹生農園の自家生産キヌヒカリ、ハンバーグ等、素材にこだわりぬいた料理。心地よい空間で、ご家族やご友人、親しいお仲間と、美味しい食事をしながら、かけがえのない時間をゆっくりと過ごしていただきたいと思っています。少し日常から離れて、別荘にでも訪れた気分を味わって頂けたら幸いです。

この厚木の地で、営業を続けられているのは、来店してくださっている皆様のおかげです。ありがとうございます。これからも、食やバラ、手廻しオルガン等、五感で楽しめる《エンターテイメントレストラン》として努力してまいりますので、よろしくお願いします。

山形県米沢市観光大使の顔を持つ店長

宮脇 昇一郎(店長)

オーナー笹生が辿り着いた米沢の魅力の提供を当店で開始し、14年余。「何故、米沢?」と疑問を持つ、お客様も多く、決定的な文言がないのが現状でしたが、店長傍ら、厚木市観光振興推進委員としての活動を経て、米沢市”おしょうしな”観光大使に就任することができ、お客様の「何故、米沢?」への確固たる回答=「私が米沢の観光大使だからです」と認知して頂けるようになりました。今後も様々なジャンルの素材を店舗に組込み、新しい風を吹かせられるように精進します。

 

初の女性副店長

関 エリ(副店長)

関 エリ(副店長)

「レストラン栗の里」の長い歴史の中で、初の女性副店長に抜擢されました。「女性の視点」を駆使しながら、お客様に喜ばれるお店作りを展開し、宴会・パーティーのクオリティーアップ、メニュー開発などの業務にも、積極的に携わり、レストラン栗の里に、新しい歴史を作れるように頑張りますので、よろしくお願いいたします。

 

米作りの達人

笹生 一(会長)

笹生 一(会長)

レストラン栗の里は、厚木で先祖代々米作りを行っている小さな米農家でもあります。多くのお客様から、「ここの米は、本当に美味しいね!」とお言葉をいただけるまでになりました。大手の精米工場と違い小規模での生産となるため、精米し、つきたてを提供することができる反面、お米に草の実など自然のものが混入したり、小さな粒が混じることがございます。また、このお米は「薫蒸(くんじょう)」という収穫後の殺虫処理をしておりませんので、購入後はお早めにお召し上がりください。農家だけが食べる事ができる新鮮なお米であるため、ご理解をお願いいたします。是非、一度新鮮なご飯をご家族皆様でお召し上がりください。

 

レストラン栗の里は、各店舗で提供するサービスが全て異なります。
サイト内の価格は全て税抜表記になっております。

当サイトは機械による自動翻訳サービスを利用しております。一部翻訳に不手際がございますが、ご了承ください。

Copyright(c) 2012 レストラン栗の里 厚木店 All Rights Reserved.