文字サイズ:||

栗の里米ができるまで

レストラン栗の里は、各店舗で提供するサービスが全て異なります。
サイト内の価格は全て税抜表記になっております。

平成27年度かながわ地球環境賞受賞

神奈川県奨励品種米キヌヒカリを苗から育て、栗の里米を生産しています

キヌヒカリとは、コシヒカリの血統を受け継いだ米です。昔は、厚木市内でも、コシヒカリの生産が盛んでしたが、厚木市は穀倉地帯で、風通しも良く、稲の特徴として倒れやすい=育てるのが難しい品種でした。だからこそ、コシヒカリは、現在でもブランド米のトップとして君臨しています。

つまり”倒れる米”の対策米として、登場したのが、キヌヒカリであり、「炊き上がりは、コシヒカリと同等、粒も大きく、冷めても美味しい」というキャッチフレーズで、厚木市中に認知され、生産農家が増えた背景があります。

黄金色のキヌヒカリ

黄金色のキヌヒカリ

私達が栗の里米生産者です

8代目「笹生一」

8代目「笹生一」

8代目「笹生昌春」

8代目「笹生昌春」

9代目「笹生新」

9代目「笹生新」

9代目「笹生剛」

9代目「笹生剛(左)」

8代目:笹生一・笹生昌春 9代目:笹生新・笹生剛を中心に生産し、厚木市でのキヌヒカリ生産者(当社同様手法のみ選定)を募り、栗の里ブランド米を提供している。

栗の里米の生産過程(厚木市下川入地域でお米を生産しています)

5月田植え 子ども達と実施した田植え体験の様子

5月:田植え
子ども達と実施した田植え体験の様子

除草作業 手で除草するのは、大変な作業です

7月~8月:除草作業
手で除草するのは、大変な作業です

7月~8月田んぼの生物観察 田んぼでの生態系の構築は、良い土作りに欠かせません

7月~8月:田んぼの生物観察
田んぼでの生態系の構築は、良い土作りに欠かせません

10月稲刈り 稲刈りは、カマを使い、お子様でも、 ご両親の付き添いがあれば、”できる”作業です

10月:稲刈り
稲刈りは、カマを使い、お子様でも、
ご両親の付き添いがあれば、”できる”作業です

100年前の農機具を使い、昔の米農家の苦労を体感してもらいました

100年前の農機具を使い、昔の米農家の苦労を体感してもらいました

10月:新米 玄米を精米し、白米にし、完成です 精米仕立ては、美味しいですよ

10月:新米
玄米を精米し、白米にし、完成です
精米仕立ては、美味しいですよ

当サイトは機械による自動翻訳サービスを利用しております。一部翻訳に不手際がございますが、ご了承ください。

Copyright(c) 2012 レストラン栗の里 厚木店 All Rights Reserved.